Limited time: Get 60% off Advanced Stats and get data and insights to inform your work Upgrade now

gojiraiwa kankou

この地は猛禽類のワシ達の越冬地となり、その数は過去に4000羽を記録したこともある。そして冬の羅臼の海ならではの光景が「サンライズと流氷の上を舞うワシ達の逆光のシルエット」だ。国後島の姿や、島から昇る朝日は天候によるので毎日必ず見えるわけではない。また流氷帯も流動的なので昨日と同じ海域に必ずしもあるとはいえない。ワシ達は流氷帯を餌場とするため、流氷帯がなければその姿も数が少なくなる。このようにして様々な好条件が求められるのでそのような光景は短い冬のシーズンの中ではとても限られた貴重なワンシーンでもあるのだ。是非ともこの景色をみなさんに見ていただきたい。

  • 127 Affection
  • 304 Photo Views
  • 1 Followers
  • 1 Following
  • shiretoko rausu, 日本